カテゴリー: 家族が幸せになる相続

遺産分割の対象にならないものは

故人が著作権を持っていた場合、著作権は著作者の死亡後50年は存続し消滅しなので、 相続財産に含まれます。

仏壇や位牌、お墓、家系図などは相続の対象とはなりません。
したがって、他の財産のように相続人の共有とはなりません。
“遺産分割の対象にならないものは”の詳細は »

遺族年金の裁定請求をしましょう

年金は、毎月支給されるのではなく、前月と前々月分が2月・4月・6月・8月・10月および12月に支給されることになっています。 つまり、年金の支給を受けている人がいつ亡くなっても、「残りの年金」が発生することになるわけです。

人が亡くなると、遺族年金を受給できる場合があります。
「遺族年金」というのは、実は正式な呼び方ではありません。国民年金から支給される
“遺族年金の裁定請求をしましょう”の詳細は »

死亡保険金に相続税はかかるのでしょうか

誰が保険料を支払い、誰に保険をつけ、誰が保険金を受け取るかによって、課税される税金の種類は異なります

亡くなられた方の保険金・給付金を受け取るときには、税金がかかる場合があります。
課税される税金は「所得税・住民税」「相続税」「贈与税」のいずれかで、
保険金・給付金の種類や契約者、被保険者、受取人の関係で税金の種類が変わってきます。

“死亡保険金に相続税はかかるのでしょうか”の詳細は »

相続財産が自宅だけの場合

相続財産が不動産のみという方やご家族をお持ちの方は、日ごろから話し合っておくといいですね。

相続財産がほぼ、自宅不動産だけという場合、公平に分けることが難しく、
遺産分割でももめがちです。

“相続財産が自宅だけの場合”の詳細は »

相続で遺言の承認や立会人になれない人とは

相続で遺言の証人・立会人は遺言に関し責務を全うする能力が要求されます。また、遺言に関し利害関係を有しないものであることも前提となっています。

遺言の証人・立会人は遺言に関し責務を全うする能力が
要求されます。
また、遺言に関し利害関係を有しないものであることも前提となっています。
“相続で遺言の承認や立会人になれない人とは”の詳細は »

相続で親の土地に子供が家を建てる

マイホームのための贈与は親は自分の相続税対策にもなりますし子供はローンの負担も減るといったメリットがあります。

親の土地に子供が家を建てた場合、そうしてしまえばもう必然的に相続問題は起こらない・・・・のでしょうか。
じつはそうでもありません。
この場合でも子供が必ず土地を相続できるとは限りません。
“相続で親の土地に子供が家を建てる”の詳細は »

撤回された遺言は相続ではどうなるの?

相続では公正証書遺言の場合には、遺言者が保管する正本を破棄しても撤回とはみなされず、原本を破棄する必要があります。

(撤回された遺言の効力)
第千二十五条  前三条の規定により撤回された遺言は、
その撤回の行為が、撤回され、取り消され、又は効力を生じなくなるに至ったときであっても、その効力を回復しない。
“撤回された遺言は相続ではどうなるの?”の詳細は »

相続した財産と評価の方法の説明です

相続税を計算する上において、財産はすべて時下で評価することになっています

■相続資産の試算評価は?
相続税は、相続や遺贈の対象となる財産の額(課税価格)を内容ごとに一件ずつ出していき、その課税価格に一定の相続税率をかけ、控除分を引いて総額を算出します。
“相続した財産と評価の方法の説明です”の詳細は »

とかく揉め事の種になるのが相続と遺留分だ

遺留分減殺請求権は、その対象が配偶者と子又は直系尊属となっています。 遺言などによりその相続人の中に遺留分が侵害される人がいた場合、侵害する人に対して減殺請求が出来ることになっています。

「遺留分」というのは「相続できる・もらえるであろう」という期待を持っています。
遺言によってその「期待」が侵害(?)された場合に、
ある程度は回復できるように、という制度が遺留分減殺請求権です。

ですので、相手方にかかわらず、相続人各自が自分相続割合に応じ、
個々に遺留分減殺請求権を行使することができます。
“とかく揉め事の種になるのが相続と遺留分だ”の詳細は »