相続財産が自宅だけの場合

相続財産がほぼ、自宅不動産だけという場合、公平に分けることが難しく、
遺産分割でももめがちです。

不動産の分け方には、次のような方法があります、

1)現物分割  土地を分けて相続する方法

2)換価分割  不動産を売却して、代金を分ける方法

3)代償分割  一人の相続人が相続し、代わりに他の相続人へ、それに見合う代金を支払う方法

4)共有分割  (1のように土地を切り分けて所有するのではなく)
        ひとつの不動産を相続する人全員で共有する方法

このようにさまざまな方法がありますが、どれもいい面もあれば、
そうともいえない側面も持っています。

1の現物分割では、土地を分けることでそれぞれの土地が小さくなり、
利用しづらくなる可能性があります。
すると、売却の際になかなか買い手がつかないということも起こりえます。

2の換価分割では、不動産の売却を希望しても、すぐに買い手がつくとは限りません。
例えば相続税が発生する相続では、まとまった金額を早く手にしたいがために、
あわてて低価格で売却してしまうということも。

3の代償分割では、不動産を相続する人にまとまった現金があればいいのですが、
すぐに用意するのは難しいと思います。

4の共有分割は、相続人が平等に所有できるという点で、分割の際は一番問題がなさそうに見えます。
しかしながら、いざ、そのうちの一人が売却したいと思っても、全員の合意がないと手続が出来ません。
家屋のリフォームも、それに当てはまります。
また、共有者のうち誰かが亡くなった場合、相続によって別の人物が共有者になり、ますますややこしいことになります。

そうならないためにも、相続財産が不動産のみという方やご家族をお持ちの方は、
日ごろから話し合っておくといいかもしれませんね。

«
»
 

トラックバックURL