遺産分割の対象にならないものは

仏壇や位牌、お墓、家系図などは相続の対象とはなりません。
したがって、他の財産のように相続人の共有とはなりません。

仏壇やお墓を管理していく人を祭祀承継者といって、この
祭祀承継者が所有者となります。

この祭祀承継者をどうやって決めるかというと、故人が指定していた
場合には、故人の指定した人がなります。
指定されていない場合は、一般的には故人の葬儀の喪主が
そのまま祭祀を承継することが多いようです。

葬儀といえば、香典は遺産でしょうか。
香典は、判例上、葬式費用に充てることを目的として葬儀主催者である
喪主に贈与されたものとされています。

したがって、香典から葬儀費用を出して、余ったら喪主のものに
なります。ただし、香典返しなどもここから出さなければならないので、
実際は、もらった香典が多く余るというこはなさそうです。

生命保険金は遺産分割の対象でしょうか。
生命保険金は相続財産には含まれません。
受取人が指定されていたら、受取人固有のものです。

また、死亡退職金は残された遺族の生活保障という意味合いが強いので、
遺族固有の権利であって、相続財産とはならないのが一般的です。

«