相続した財産と評価の方法の説明です

相続税を計算する上において、財産はすべて時下で評価することになっています

■相続資産の試算評価は?
相続税は、相続や遺贈の対象となる財産の額(課税価格)を内容ごとに一件ずつ出していき、その課税価格に一定の相続税率をかけ、控除分を引いて総額を算出します。
“相続した財産と評価の方法の説明です”の詳細は »

とかく揉め事の種になるのが相続と遺留分だ

遺留分減殺請求権は、その対象が配偶者と子又は直系尊属となっています。 遺言などによりその相続人の中に遺留分が侵害される人がいた場合、侵害する人に対して減殺請求が出来ることになっています。

「遺留分」というのは「相続できる・もらえるであろう」という期待を持っています。
遺言によってその「期待」が侵害(?)された場合に、
ある程度は回復できるように、という制度が遺留分減殺請求権です。

ですので、相手方にかかわらず、相続人各自が自分相続割合に応じ、
個々に遺留分減殺請求権を行使することができます。
“とかく揉め事の種になるのが相続と遺留分だ”の詳細は »

相続と秘密遺言証書の内容の件です

秘密証書遺言は、遺言の内容を相続が開始するまで秘密にできるということがメリットといえますが、もちろんデメリットもあります。

秘密証書遺言とは、遺言者が遺言書に自身で署名、押印のうえ、
封筒に入れて封印し、その封書を公証人および証人名に対して
自分の意思であることを申し出、関係者が署名や押印をする
というものです。
“相続と秘密遺言証書の内容の件です”の詳細は »

最新の記事 »