タグ: 算出

とかく揉め事の種になるのが相続と遺留分だ

遺留分減殺請求権は、その対象が配偶者と子又は直系尊属となっています。 遺言などによりその相続人の中に遺留分が侵害される人がいた場合、侵害する人に対して減殺請求が出来ることになっています。

「遺留分」というのは「相続できる・もらえるであろう」という期待を持っています。
遺言によってその「期待」が侵害(?)された場合に、
ある程度は回復できるように、という制度が遺留分減殺請求権です。

ですので、相手方にかかわらず、相続人各自が自分相続割合に応じ、
個々に遺留分減殺請求権を行使することができます。
“とかく揉め事の種になるのが相続と遺留分だ”の詳細は »